広報舞鶴5月号掲載の舞鶴市長のコラムを非難いたします。

令和最初に読んだ読み物が広報舞鶴
希望あふれる令和時代にふさわしい記事を望みましたが舞鶴の多々見市長のコラムがひどすぎて朝から大激怒です!

舞鶴市長 令和最初の広報舞鶴のコラム
候補者は選挙期間中にさまざまな公約を掲げるが、事実 に基づかない内容や実現が不可能な公約も含まれる。
公約 の妥当性や実現性を確認し、有権者に知らせる仕組みも必 要であると考える。
さらに、候補者が公約を実行するには、 財源確保の問題、法令や条例との整合性、利害関係者との調 整などが必要である。
その上で、予算編成権を持つ首長と、 議会の過半数以上の議席を有する議員団とが、合意できる 内容でなければならない。 
議会で他の議員団と合意できない少数議員団の公約は、 全く実現が不可能である。
市民の皆さんは事実に基づいた 主張を候補者からよく聞き、公約を実現できる候補者を選 んでいただきたいと考えている。

市長派では無い議員公約は実現不可能と言い切る傲慢

このコラム 簡単にまとめると市長派以外の公約は実現出来ないって市長が言い切ってるんです!
少数派議員の公約は実現不可能ですって・・・・・!
舞鶴市はいつから独裁国家になったのでしょうか?
舞鶴は少数派を除外するわけ?
少数派の意見でも良い意見いっぱいあるやん!
それを全て除外するわけ?
最初から聞く耳持たないって現職市長がコラムで断言するわけですか?

舞鶴は独裁国家なの?

逆に言い換えると市長がイエスって言わないと舞鶴では何も出来ないわけ?
それって独裁ですやん?!北朝鮮とおなじやん!!
市長の子分にならないと舞鶴では何も出来ないわけですか?
どんな良いアイデアでも良い仕組みでも社会をよくする取り組みでも舞鶴市長の承諾が無いと実現出来ない街なんですか?

くそみたいな政策でも市長の意見なら通るわけですか?

逆に言うと市長や市長の子分になれば、舞鶴に適さない政策でも通るわけやん・・・
これって議会の意味ないですやん・・・
そんな議会いらんやん!

独裁を止めるのが二元代表制

こういった傲慢な行政運営を止めるために二元代表制があるのです!
すべてYESマンで行政運営したら進みは早いかも知れませんが、間違った運営すれば誰も止めれなくなり破滅に進みます!
それを防止するのが議会で有り二元代表制なのです!
その仕組みを根本からあざ笑うこのコラム、私は許せません!

知的レベルの著しく低いコラムが広報舞鶴に掲載される恐ろしさ

はっきり言いまして市長のコラムは馬鹿すぎて話しにならないレベル・・・
知的レベルを疑われても仕方が無いコラムです。
このコラムを広報舞鶴に掲載しますか?
ドクターTとかペンネームですが、ドクター多々見って丸わかりですやん~
こんな馬鹿なコラムを普通広報に載せますか?
いくら市長でもこんな馬鹿なコラム載せろとか言い出したら担当者止めましょうよ・・・
はっきり言って「舞鶴の文化レベル」を下げるコラムです!
広報舞鶴の誌面担当者も同罪です!

令和は多様性の時代

社会情勢を読み解くと令和の時代は確実に「多様性」というキーワードがでてきます。
それを舞鶴市長ともあろう者が「昭和」的な考え方 前時代的な考え方に固執するのみならず、二元代表制を否定する発言するのは腹立たしいを通り越して舞鶴市民として情けない思いで一杯です。

少数派の意見も取り入れるのが当たり前の時代にしたい!

昭和、平成と日本は頑張って豊かな国になりました。
今までは多数派の意見だけを聞いていれば良かったかも知れませんが令和の時代は人口も減るし、外国からも沢山の人が入ってきます。
そうなると少数派が沢山生まれることになります。
そんな令和の時代に少数派の意見を無視する事が舞鶴の発展にとって良いことなのでしょうか?
私はそうは思いません!
少数でも多数でも良い意見や舞鶴の発展に必要な意見はどんどん取り入れて多様性が大事にされる令和の時代の舞鶴にしていきたいです

Follow me!